top of page

『ザリガニPARTY♪』

~北海道阿寒湖産ウチダザリガニとサルディーニャワイン~ 

22/8/29

ザリガニをこよなく愛する美食家たちが日本各地から集まった———
スウェーデンではお馴染みの食材だが、よく調べてみると、北欧に限らず、フランス、アメリカ、専門店がある中国など世界中で食されていることが分かった。国によって味付けや調理方法も様々だが、今回は鮮度を保ったままシンプルにボイルし、地中海産のフレッシュな白ワインを合わせるという。ほかにも、ワインに合わせてサルディーニャ料理が振舞われるというからとても楽しみにしていた。
ウチダザリガニは、少年時代に大変お世話になったアメリカザリガニ(今年5月に放流や販売が禁止された)とは異なり、全長15〜20㎝ぐらいの大型で、大きなハサミには白い模様があるのが特徴だ。参加者の中にザリガニ博士がいて、産地のことや生態、殻の外し方など詳しくレクチャーしてくれた。

———ぎっしりと並べられたウチダザリガニ。
スウェーデン風にハーブを効かせてシンプルに塩茹で。肝心の味だが、一度にエビとカニを食べたような印象で、口当たりはシャコに似ているという意見が多かった。可愛い被り物とエプロンが配られ、ディズニーランドならぬザリガニランドとも呼ぶべきか、夢の世界に来たような感覚で皆んな楽しんでいた。
味わったことない謎のジビエを待つかのような緊張感もなく、終始賑やかなイベントとなった。

『ザリガニPARTY♪』
『ザリガニPARTY♪』

料理に合わせた白ワインたち———
右側の2本がヴェルメンティーノ種を使用したサルディーニャ
島産。なかでも「アラゴスタ(海老ラベル)」は微発泡スタイルでさっぱりと飲みやすく、この日の人気No.1だった。ほかにも、カリフォルニア産のシャッフェンベルガー(ホワイトハウス御用達)やフランス産シードルを持ち込む方も。

『ザリガニPARTY♪』
IMG_4886.JPG

瞬間スモークしたマグロのピンチョス———
炭で軽く炙ったマグロに、レモンやハーブ、魚醬を加えた特            
製ソースをかけているそうだ。炭の香りが程よく、さっぱり
とした夏向けソースがマグロにぴったりと合う。

サルディーニャ島の名物パスタ「マッロレドゥス」———
小さなニョッキのフォルムとサフランを練り込んだこの手打
ちパスタは、鮮やかな黄色が映え、見た目にもユニーク。
今回のソースはトマトの量を抑え、サルディーニャ島の王道
スタイルでもある羊肉と丁寧に仕上げたソフリット、ペコリ
ーノチーズ(羊乳/ハードタイプ)の組み合わせ。

IMG_4856.JPG
『ザリガニPARTY♪』

到着したウチダザリガニ———
記念撮影をした後、軽く下処理をしてすぐさまハーブと共に
塩ゆでに。鮮度も良く、両爪タイプはさすがに迫力がある。
阿寒湖で大切に育てられたウチダザリガニは、旬を迎えるこ
の時期だけ冷凍ではなくフレッシュな状態で出荷される。

実はこの日、メイン食材であったはずのウチダザリガニが指定時間を過ぎても一向に届かないというアクシデントがあった。なにかの手違いだと思うが、ザリガニ博士が慌てて連絡を取り、ご好意で配送センターまで取りに行ってくれたので事なきを得たが、イベントに間に合わなければ失敗どころの騒ぎではなかっただろう(笑) ジェットコースター並みにある意味スリル満点だったが、それがまた私に忘れがたい思い出と食の記憶を残してくれた。
その後も、ジビエや秋の味覚の話で盛り上がり、美食家たちの熱く長い一日が終わっていく。出会いもあり、とても素敵な機会をいただき、イベント開催に尽力くださったお店にも心から感謝したい。そして、「夏はやっぱりザリガニだよ!」この言葉で締めくくりたいと思う。本当にありがとうございました。

ザリガニPARTY♪
~阿寒湖産ザリガニとサルディーニャワイン~

阿寒湖漁業協同組合
〒085-0467 
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目7番2号
https://akan-gyokyo.com/fish/

S__17571842-removebg-preview.png
『ザリガニPARTY♪』

​© ︎Pustaka Kegagalan

bottom of page